2010年3月29日月曜日

コチャコチャになる前に・・・

毎度ど〜も、ミツです!本日は商品紹介&スタイリングはお休みして番外編ッス。イヤ〜最近の天気って本当によめないですよね?昼迄はピーカンだったのに夕方になったら『な〜っ雨かよ〜』みたいな・・・
天候は良い靴にとっての最大の天敵といっても過言では無いと思います。科学が進歩して素材なども進歩していく中でファッションに関しては逆行しているとミツは思っています(勿論アウトドアメーカーやデザイナーズブランドのように新素材を開発したり、異素材をファションに取り入れる場合は別ですが)クラシコイタリア系に代表される様に職人気質のブランドなどでは常に天然素材の良いものを追求していますよね。スーツやネクタイ、シャツ、むろん靴や鞄も良いものになればなるほど素材は繊細できゃしゃな様な気がします、ですから皆さん良い物を持つのであればそれなりのメンテナンスを覚悟して頂いた方がよいと思います(笑)まぁ高い代金を払ってせっかく手に入れた物を時間を掛けてメンテナンスして愛着がわいて更には長持ちさせる事が出来るなんて考え方によっては素晴らしい事の様な気がしてきませんか?長くなりましたが極論をいえば『タンニン鞣しの靴は雨の日に履かないで』で『常にメンテナンスしてよっ』って話なんです。メンテナンスのやり方はミツが長々と喋るよりも最近はメンテナンスを特集した雑誌なんかも沢山出てますからその通りやればまず失敗は無いですので・・・かく言うミツも本日は二足程ドレスシューズのメンテナンスをしましたがミツは狂った様にやりますので皆さんの参考にはならないと思いますから方法は書きませんよ!
ちなみにミツが通常メンテナンスに使用するのがこちらです。

左から順にブラシ類は黒毛×2は色用ポリッシュ、大きいブラシは仕上げ用、下×3埃取り用、白ブラシはスエード専用、柄の長いブラシはコバ用(靴の周りの出っ張り部分)、スプレー缶から右にスウェードの栄養剤、レザーソール用栄養剤、タンニン用汚れ落とし、油性クリーナー、その周りがポリッシュ用のオイル達、一番右がシューツリーっとハマれば用途によっていろいろ使い分けていきます(この辺でミツが狂ってる理由がだんだんわかってきましたかな?)皆さんにここまで揃えろとは言いませんので(笑)取り敢えずはブラシを埃取り用とポリッシュ用に2本(百均のでOK)、タンニン用汚れ落とし800円位(モーブレー社・ステインリムーバー)、無色の水性デリケートクリーム800円位(モーブレー社)、シューキーパー(スプリング式なら無印良品で600円位)だけ揃えればちゃんとメンテナンスできるはずですよ!
皆さんっ、次の休日にでも大切な靴をメンテナンスして気持ち良く春を迎えてみては如何でしょうか?ミツも気分はこんな感じで!?・・・
スタイリングではないのですが、本日はK&TH,coワークキャップ、ブラックヘリンボーンシャツ、50sBIGMACカバーオール、80sKEYチノパン、BEAMS+モカシンを合わせてます。
前のブログで木田が載せた噂のオシャレ過ぎる雑誌スタイリングのポーズをまねてみたけどミツはど〜みても50年代ワーカーだもんな〜。モデルの顔も違けりゃ、ファッションも違いすぎる〜こりゃヒデ〜な(泣)それでは次回のブログをお楽しみに、チャオッ!

0 件のコメント:

コメントを投稿