2010年1月15日金曜日

いい加減、靴の事を!

いい加減、靴の事を書かないと何のBlogかわからなくなるので、靴の事を!
こいつ、本当に靴造ってるのか?と疑われても困りますし.........
既に、浅草界隈では靴の事を書かな過ぎると怒られてもいますし........

Hiroshi Kidaは卸業がメインなので御取引様には必ず在庫を積んで貰っています。
ただ、皆さん経験ありませんか?
デザインは気に入っているけど、店に置いてある靴の(洋服もそうだが)カラーが気に入らない、もしくは、そのカラー何足か持っているから考えてしまう等々、それを解決出来るのもハンドメイドのフットワークの軽さなのです。
Hiroshi Kidaの御取引様のほとんどの店舗では常時パターンオーダーが可能なのです。
常にカラーサンプルが置いてあります。お好きな色を選べます。
それだけではありません!
某Shopの例を1つあげます!
外反母趾の女性の靴です!
お店からフットプリントを頂き、木型に肉盛りをしました!
画像はこちら!




若干の肉盛りなら、無償でいけます!既製品よりは履きやすいと思いますよ!


そして、今回は某Shopの提案により既成のシューキーパーを靴に合わせて削りました!
画像を見て木型と違うと御思いでしょうが、捨て寸以外はあわせてあります!
型くずれは防げます!
画像はこちら!



ただし全てが、無償ではありませんし、まして、ビスポーク(注文靴)ではありません!
ハンドメイド=ビスポーク(注文靴)ではありません!
そこは、御了承下さい。
基本的には、デザイナーと認識して下さい。
ただ、このような職人的な部分も発揮出来るので、各取引様のShopに相談してみて下さい!

既製品の靴の範疇で何か御提案出来ると思います。

では、また!

0 件のコメント:

コメントを投稿