2009年11月12日木曜日

キング オブ ポップ

昨日、この映画を見て来ました!
MICHAEL JACKSONのレコードはJACKSON 5を始め、何枚か持っているが、OFF THE WALL(79年)というアルバムからソウル色が弱まりポップ色が強くなってしまった為、全く持っていない、極端に言えばOFF THE WALL以降のアルバム、いわゆる近年のMICHEL JACKSONには、それほど興味が無かったというのが事実である。
ただ、OFF THE WALL以前のMICHAEL JACKSONの音楽(JACKSON 5を含め)は、私のレコード収集癖の口火を切らせた要因の1つなので、見に行かずにはいられなかった!

見に行った感想は?と聞かれると、DVDが出るのを待とうと思っている人が居るのなら、絶対、映画館に見に行った方が良いです!
ライブを見ている感覚になりました。
そして、何よりMICHAEL JACKSONのプロ意識、そして、スタッフに対する接し方、1つの物を成し遂げる為の、MICHAEL JACKSONとスタッフの一体感を肌で感じました。
MICHAEL JACKSONが天才なのだと改めて感じたと同時に、偉大な人物を失った気がしました。今後、彼の様なスターが現れるのかと......?
OFF THE WALL以降のアルバムも聴いてみよう!
死してなおスターはスターだなと感じました!
改めて、偉大なるスターMICHAEL JACKSONのご冥福を御祈り致します。

0 件のコメント:

コメントを投稿