2009年7月5日日曜日

熱くなれたもの、なっているもの

今となっては誰も信じてくれないが、私は小学、中学、高校とサッカーをやっていた。
特に小学、中学時代には、全国大会にも出場している。ちゃんとレギュラーでしたし.....、小学生時代はストッパー(今で言う守備的ボランチのようなポディション、相手のセンターフォワードをマンマークで潰す役目)、中学生時代はセンターフォワードだった。未だに、何故センターフォワードにコンバートされたのかは謎だが........?
本当なのです!信じてください!そういえば、CANNABISの担当の武生さんにサッカーをやっていたと言ったら、木田さんは悪くなくては困るって訳の分からない事言われたな..........?
そんなに、悪人のような顔なのか?
話を本題に戻すと、昨晩、そんな中学サッカー部の同窓会があった。監督の桜岡先生も含め。(桜岡先生は今、福島県サッカー協会会長)
久しぶりの再会で楽しかった。20年ぶりに再会した友達もいた。
勿論、話の話題はサッカーの思い出話である。
あの時、PK与えて負けるかと思っただったり、何故あの時、あんなことしたか今考えると笑えるだったり、実は、あのゴール狙ったんじゃなくセンタリングがたまたま入っただったり、ネタは尽きる事がなかった。レギュラーもサブもユニホームを与えられなかった奴も関係なく楽しんだ。
実は、全国大会ベスト8をかけた試合で私は大きなポカをやっている、1-0でリードされている後半、私は独走(キーパーと1対1)を外している.........!勝負事に、たらればは無いが、今でも、あれを決めていれば..........?と思う。結果2-0で破れたが。
まあ、それすら今は笑い話だが.........!
昨晩の同窓会で私の人格形成の大きな部分を少年期(サッカーをやっていた時期)が占めている事をあらためて感じた。
サッカーを通じて、勝つ事も負ける事も知った。自分の意思とは関係なく外的要因(自分達より力があるもの)に目標が絶たれる事も知った。そして何より、目標を立てる事、そしてその目標に向かって結果を恐れず努力する大切さを学んだ。
結果は所詮結果である。結果ではなく、その過程(努力)に意味があると今は思う。
勿論、努力と結果が比例しないとも思っていない。むしろ比例すると思っている。
ただ、今、私がいる場所は、小学時代、中学生時代という限られたタームではない。期間限定の努力ではどうにもならない事も多い、諦めずやり通す事が大切なのではないだろうか......!
ただ、期間限定であれ、あれほど夢中になり、熱くなり努力出来たものがあった。
あれから20年経ち、靴造りと出会い、夢中になっている。
ただ、2つほど違う事がある、大人になったからなのか、仕事だからなのかはわからないが、あの頃の純粋さはない気がする.......!そして、何より言い訳をして諦める時がある。
恥ずかしい限りである。
昨晩の同窓会で、この2つの違いを感じる事が出来た。何より諦めずにやり通す。改めて仲間に感謝である.....!
ただ、おわかりとは思いますが、今日は、完全に二日酔いである...............!


0 件のコメント:

コメントを投稿