2009年7月31日金曜日

温故知新

私の好きな言葉である。常に新しい物、便利な物、目先の物に走らず、古き物良き物を勉強、研究し、新しき物を知る、そして新しい物を生み出す(先人の英知を借り)、私の靴造りの哲学でもある。
その、私の靴造りの哲学的な部分をくすぐる考えの持ち主が、ここ、いわき市にも存在する。
油座建設 代表取締役社長 油座徹である。
何と、保育園時代からの同級生である。
正直、保育園時代はすごく仲良がよかったが、私がサッカー部、徹が剣道部という事もあり、最近まで、一緒に何かをするという事が無かった。
徹が実家を継いだ事は知っていたが........。徹は徹で、私が靴を造っているのを知っていたらしい、勿論、道で会ったらしゃべったりしていたし.....。
それが、ひょんな事から親交が深まった、そう、飲み屋で会いました!
奴、酔った勢いで言ったと、後に暴露したが、モデルルームをギャラリーとして貸し出しているので、1ヶ月間、靴を置いて欲しいとの事だった.....。
私も、いわき市で私の靴を買う人がいるのかね?と思いつつ、お返しとばかりに、酔った勢いでYESMANと化したのである。
その後、1度、モデルルーム(ギャラリー)を見学ということで、ギャラリー楓を訪れた。
すごい、その1言です.......。

ここで、初めて思い出した、油座建設は昔ながらの数寄屋造りの家を造っていた事を.......。
3代目になるのか?徹は?
その後、打ち合わせという名目で飲みに行き、奴の仕事に対するスタンス、伝統を重んじる心、そして、その伝統に裏打ちされた自信を感じたのである。
以下、油座建設が造った建物、何点か網羅、すげっーすよ!



このような、伝統的な建物に私は何故か、心を打たれる、ドンと構えた仕事というか.....。
ただ、徹も[前轍を踏む]タイプの人間ではない。常に新しい事を求め思考する日々なのである。
前轍を踏む?徹のおやじさん、別に失敗してないから、この表現、間違いだな........!
徹が今、提案している建物、これはこれで.........!



良いでしょう!正に温故知新!数寄屋造りの技術をこんな感じでアレンジするんっすよ.....!
おっさん2人が、ただ、飲んでると御思いでしょうが?とある居酒屋では、一瞬だけキラリと光るクリエイティブな会話が繰広げられる訳です!
本当、一瞬なのでまばたきしてると、見逃しますよ!
後は、殆ど、駄目なおっさんの会話なのです。って何か?

0 件のコメント:

コメントを投稿