2009年6月27日土曜日

幸か不幸か一つの出会い

この仕事をするきっかけを根本までさかのぼると、スタートは中学3年生15歳の時のある人物との出会いになる。
その男、真っ赤なプレリュードに乗り、ポールスミスのシャツの上に当時のお洒落鉄板アイテムの紺ブレを着て私達の前に現れた。
私の通う進学塾の先生である(当時、彼は大学生)。
正直、そのファッションを私は理解出来なかった.......!
何故なら、田舎中学生だからである........!
ビーバップハイスクール、湘南爆走族、などなどヤンキー漫画全盛をおもいっきり駆け抜けていたのである。
リーゼントが格好良く、タックがいっぱい入ったボンタンが格好良かったのである。
恐らく、同世代の田舎育ちの人は理解出来ると思うが........?
私服も、もれなくそうである、ケミカルウォッシュのボンタンみたいなジーパン、英字新聞みたいな柄のシャツを着ていた.......!今、思い出すと恥ずかしいどころか笑ってしまう位ダサイ....!
ただ、当時ヤンキーが私の地元ではモテた!言い訳じゃないです.......!
そんな田舎中学生に、彼はスクールウォーズの滝沢ケンジばりに立ち向かって来たのである。
ヤンキーはダサイと.....!
そんな彼の思いを知ってか知らずか、私は徐々にファッションに興味を持ち始めた、リーバイスの501を手始めに買い、後はトントン拍子である。
偏差値はトントン拍子には上がらなかったが.........!
今考えると、勉強教わってたか?
このようにして、私は15歳でファッションに興味を持った。
彼に出会わなかったら、今、私はこの仕事をしていなかったであろう。
幸か不幸か、後は自分の頑張り次第である.......!
そんな、彼が私に当時、聴かせてくれていたCD
http://www.youtube.com/watch?v=niOadhrr3xE

元祖、渋谷系フリッパーズギター  (海へ行くつもりじゃなかった)
最後に一つだけ言いたい、昔のヤンキーは価値観の相違は有れど、自分を着飾っていた、リーゼントが決まらないと言って学校休むし....!
時代などと言う言葉一つで表現したくないが、何故今の高校生、中学生はスエット上下にキティーちゃんサンダルで歩けるのだ?いや、もっと大人もいるな。
パジャマじゃん!それを、良しと誰がしたのであろう?メディア?こんな田舎でもよく目にする......!
悲しい現実である!
因に、私は、いわきに帰って来た年、初めてセンターガイなるものを、このいわきで目撃した、東京に11年住んでいて1度も目撃した時がないのにである......!
メディアの皆さん止めてください。田舎者はすぐ信じてしまうので.......!

0 件のコメント:

コメントを投稿